写真等のデータ転送

スマートフォンで撮った写真を友人と共有する時は、メールやアプリを使用すれば相手に送ることができます。しかし、その時は一緒に写真を撮ったとしても、連絡を取り合うほどの仲ではなかったり、相手にメールアドレスやSNSアカウントを知られたくなかったりと、人によってはそのような場合もあるでしょう。

そのような時に便利なのが、Androidの「Android Beam」という機能です。Android Beamを搭載したスマートフォン同士が、スマートフォンを近づけ合うと、それだけで写真や動画などのデータ転送ができる性能になります。こちらは、Android 4.0というバージョンから加わった機能で、インターネット環境になくても使用できるため、どのような場所でもすぐに写真が送れるのです。転送には、NFCという機能を使用しているのですが、Android 4.1バージョン以降では、Bluetoothで転送する仕組みに変化。Bluetooth通信になったことで、転送中にずっとスマートフォンを近づけていなければならない問題が解消されました。

場合によっては便利なこの機能ですが、問題点はAndroid Beamが備わっているスマートフォン同士でしか利用できないということ。誰とでも使えるわけではないため、状況は限られますが、必要に応じて利用してみてください。